【医師監修/ホクト株式会社協賛】認知症予防のための食事改善ガイド » 認知症の種類ごとに見る原因と予防 » レビー小体型認知症

レビー小体型認知症

レビー小体型認知症の原因とされる要素と気になる初期症状、覚えておきたい予防法についてご紹介しています。

レビー小体型認知症とは

レビー小体型認知症とは、アルツハイマー型認知症・血管性認知症の次に多く見られる認知症。脳にレビー小体という異常タンパク質が蓄積し、正常な神経細胞が脱落していくことで起こる進行性の認知症です。

65歳以上の高齢者を中心に見られる症状ですが、40~50歳代で発症する人もいます。また、アルツハイマー型認知症は女性に多く見られる認知症ですが、レビー小体型認知症は男性で多く発症するという特徴があります。

レビー小体型認知症の原因

アルツハイマー型認知症はアミロイドβというタンパク質が原因となりますが、レビー小体型認知症の原因となるのはα(アルファ)シヌクレインというタンパク質。このたんぱく質が蓄積したものをレビー小体と呼びます。

このレビー小体は、人の思考を司る「大脳皮質」と呼吸・循環などを司る「脳幹」に蓄積しやすいのが特徴。蓄積したレビー小体によって神経細胞が破壊されると、認知機能や運動機能に障害が発生し、認知症の症状がみられるようになります。

レビー小体型認知症の初期症状

レビー小体型認知症には、アルツハイマー型認知症とは異なる特徴的な初期症状が見られます。記憶障害が目立たないケースも多いため、認知症であると認識されにくい場合もあるようです。

幻覚症状

レビー小体型認知症の初期症状では、物忘れよりも幻覚症状が多く認められます。主な幻覚の例は、「虫や小動物が部屋の中にいる」「知らない人が家の中にいる」「遠方にいるはずの子どもが帰宅している」など。幻覚から妄想に発展するケースも少なくありません。

認知機能障害

レビー小体型認知症の物忘れは比較的軽度で、日や時間帯によって調子が変動するのが特徴。新しいことを覚えられないという症状よりも、すでに覚えていることを思い出せない…という症状が多めです。

パーキンソン症状

脳幹にレビー小体が蓄積すると運動機能の調節ができなくなり、パーキンソン病と同様の症状がみられるようになります。主な症状は、「手足の震え」「筋肉の硬直」「動作が遅くなる」といったもの。体のバランスが取れなくなり、転倒しやすくなるという特徴もあります。

どのような予防手段が考えられるか

現在のところ、レビー小体型認知症に根本的な治療・予防法はありません。アルツハイマー型認知症と同じく生活習慣病を予防する共に、症状の早期発見・早期対応を心がけることが重要です。

たとえば幻覚症状が出ている場合は、それを真っ向から否定するのではなく、十分に話を聞いて安心させることが大事。パーキンソン症状がみられる場合は転倒しないように家の中を片づけたり、手すりなどを設置するといった工夫も有効です。

レビー小体型認知症の予防に取り入れたい成分

カテキン

カテキンとは緑茶に含まれるポリフェノールで、抗酸化作用・抗炎症作用・抗菌作用・血糖値調整作用・血圧上昇抑制といった効果が報告されています。カテキンにはレビー小体型認知症の原因物質とされるαシヌクレインの蓄積を防ぐ働きがあるとされており、予防効果に期待が持たれています。
参考元:認知症ネット(https://info.ninchisho.net/archives/20986#id2)

ロズマリン酸

ロズマリン酸は、ハーブの一種であるスペアミントに含まれるポリフェノールの一種。わかさ生活の研究によると、ロズマリン酸にはαシヌクレインのアミロイド線維化を抑制する効果が認められたとのことです。
参考元:みらい研究所(https://kenkyu.wakasa.jp/information/detail_3078.html)

フェルラ酸

フェルラ酸とは、野菜や穀物などに広く存在しているポリフェノールの一種。幻覚や不安といった症状の緩和が期待されている成分で、レビー小体型認知症の患者に摂取してもらったところ、効果が見られたという報告もあります。
参考元:認知症ねっと(https://info.ninchisho.net/archives/20986#id4)

記事の監修医 豊田早苗 医師
(とよだクリニック認知症予防センター長)

豊田医師

Stroopテストを活用してみましょう

レビー小体型認知症は、初期段階では、記憶障害(物忘れ)よりも注意力や空間認識力、実行力の低下など前頭葉や頭頂葉の機能低下が顕著に認められます。
このため、ご家族の方が認知症とは気づかないことが多かったり、医療機関等で行われる認知症のスクリーニングテストとして有名な長谷川式スケールで異常なしと診断されるケースも多く、見落とされがちで、注意が必要な認知症です。
記憶障害(物忘れ)がないので大丈夫と安心せず、家庭でも簡単に行うことができる前頭葉や頭頂葉の機能が評価できるStroopテストを行ってみるようにしましょう。
Stroopテストとは、あか、あお、きいろなど文字が示す色とはちがう色で書かれた文字を順に読み上げていくテストです。Stroopテストの結果が年齢平均以下であった場合は、かかりつけ医に相談してみるようにしましょう。

関連ページ

【医師監修/ホクト株式会社協賛】認知症予防のための食事改善ガイド

認知症の種類ごとに見る原因と予防
血管性認知症
糖尿病性認知症
前頭側頭型認知症
アルツハイマー型認知症