【医師監修/ホクト株式会社協賛】認知症予防のための食事改善ガイド » 認知症の種類ごとに見る原因と予防 » 糖尿病性認知症

糖尿病性認知症

1型・2型糖尿病患者に見られる糖尿病性認知症の原因と症状、予防法についてまとめました。

糖尿病性認知症とは

糖尿病性認知症とは、1型・2型糖尿病患者に見られる中枢神経合併症。以下のようなアルツハイマー型認知症とは異なる特徴を示す場合に、糖尿病性認知症と診断されます。

認知症は血糖値との関連性が深いと言われており、とくに高齢者の糖尿病患者がアルツハイマー型認知症・血管性認知症を発症する確率は、糖尿病でない人の2~4倍と言われています。

糖尿病性認知症の原因

糖尿病性認知症を引き起こす原因は、脳出血・脳梗塞などによる「脳血管型」であると言われてきました。糖尿病で血糖値の高い状態が続くと血管に負担がかかり、動脈硬化が進行。血栓が詰まりやすくなって脳梗塞などのトラブルを引き起こしやすくなります。

また、近年では「アルツハイマー型」を発症するケースも多いことが分かってきました。アルツハイマー型認知症の原因とされるアミロイドβはインスリン分解酵素によって分解・排出されますが、糖尿病になると血糖値のコントロールにインスリン分解酵素が多く使われるようになります。するとアミロイドβの分解・排出が滞り、アルツハイマー型の症状が見られるようになるというワケです。

糖尿病性認知症の初期症状

注意力の低下

糖尿病性認知症の場合、記憶障害よりも注意力の低下が目立つと言われています。注意力が低下すると物事に集中できなくなり、「何かを始めてもすぐに飽きる」「覚えるべきことを覚えられない」「ぼんやりする」といった症状が見られるようになります。

遂行機能の低下

物事を行うための段取りが悪くなり、料理や掃除といった日常の動作が滞りがち。何から手をつけていいのか分からなくなり、簡単な作業にも時間がかかることがあります。うまくいかないイラ立ちから、気分が不安定になったり急に怒ったりするケースもあるようです。

どのような予防手段が考えられるか

糖尿病性認知症の予防では、まず血糖値のコントロールが何よりも重要となります。その基本は、食事と運動です。食事は「糖分を控える」というよりは、インスリンの分泌状態や活動量に合わせて食事の量・栄養バランスを考慮することが大事。血糖値の上がりにくい食材・調理法を選ぶといったルールを守れば、基本的に食べてはいけないものはありません。

また、運動によって体内の糖をエネルギーとして消費することも大切です。筋トレによる基礎代謝アップ、有酸素運動による脂肪燃焼が有効ですが、ハードな運動をする必要はありません。体の状態に合わせて、ウォーキングやストレッチといった軽めの運動を週に3日ほど行いましょう。

糖尿病性認知症の予防に取り入れたい成分

玄米や全粉粒

糖尿病性認知症では、できるだけ血糖値が上がりにくい食材を選ぶことが大事。そのため血糖値が上がりやすい白米や小麦粉といった「精製された糖質」ではなく、食物繊維やミネラルを多く含み血糖値が上がりにくい玄米・全粒粉といった「精製されていない糖質」を選ぶようにしましょう。

食物繊維

キノコや野菜に多く含まれる食物繊維には、体内へ糖が吸収されるスピードを遅らせる働きがあります。また、糖・脂質・ナトリウムを吸着して体外へ排出するという働きもあるため、糖尿病予防には欠かせない成分です。

牛乳

カナダのゲルフ人間大学・機能性食品研究ユニットとトロント大学が行った研究によると、朝食に牛乳を摂取した場合、1日を通じての血糖コントロールが良好になるとのことです。牛乳は急激な血糖値の上昇を抑えるほか、インスリンの分泌をよくするといった働きもあります。
参照元:一般社団法人日本生活習慣病予防協会(http://www.seikatsusyukanbyo.com/calendar/2018/009675.php)

記事の監修医 豊田早苗 医師
(とよだクリニック認知症予防センター長)

豊田医師

アルツハイマー病のリスクも1.5倍に

糖尿病は、認知症の最大の危険因子で、糖尿病があるとアルツハイマー病には1.5倍、血管性認知症には2.5倍なりやすくなります。
認知症を予防するためにも、糖尿病を予防するためにも、血糖コントロールは重要です。 毎日の食生活を見直し、「間食は控えるようする」「毎日3食をきちんと食べる」「炭水化物、脂質、たんぱく質をバランスよく食べる」「腹八分目で止める」「夜遅い時間には食べないようにする」など血糖値を上げない食生活を心がけましょう。
また、血糖値を上げないためには、運動も必要です。ウオーキングや筋トレなど少し息が上がる程度の運動を1回20分、週に3~5回は行う運動習慣を身に着けるようにしましょう。

関連ページ

【医師監修/ホクト株式会社協賛】認知症予防のための食事改善ガイド

認知症の種類ごとに見る原因と予防
前頭側頭型認知症
アルツハイマー型認知症
血管性認知症
レビー小体型認知症