【医師監修/ホクト株式会社協賛】認知症予防のための食事改善ガイド » 認知症の種類ごとに見る原因と予防 » アルツハイマー型認知症

アルツハイマー型認知症

アルツハイマー型認知症の原因や初期症状と、気になる予防法についてまとめてみました。アルツハイマー型認知症予防で取り入れたい成分についても要チェックです。

アルツハイマー型認知症とは

アルツハイマー型認知症とは、記憶・思考・理解といった脳の認知機能が徐々に低下する疾患。最初は軽度の物忘れから始まることが多いですが、症状が進行すると日常生活すらままならなくなってしまいます。

アルツハイマー型認知症は数ある認知症のなかでもっとも患者数が多いと言われており、認知症患者の約6割がこれに該当すると言われています。

アルツハイマー型認知症の原因

アルツハイマー型認知症の原因として有力なのは、アミロイドβという特殊なタンパク質が脳に蓄積することで起こるという考え方です。アミロイドβは通常であれば体内で分解・排出されるものですが、加齢と共に分解機能が衰えると排出が間に合わなくなり、脳神経細胞に蓄積。その蓄積した部分を「老人斑(アミロイド斑)」と呼びます。

アルツハイマー型認知症ではこの老人斑が見られるのが大きな特徴で、この老人斑の中では脳の神経細胞がじわじわと死滅。脳が萎縮し、認知症が発症すると言われています。

アルツハイマー型認知症の発症年齢はその多くが65歳以上ですが、65歳未満でも発症することがあります(若年性アルツハイマー型認知症)。若い世代の認知症は高齢者よりも進行が速いと言われているため、早い段階からの対策が必要であると言えます。

アルツハイマー型認知症の初期症状

アルツハイマー型認知症の初期症状が見られるのは、発症から1~3年の間。自分自身だけでなく、周囲の家族や知人でもなかなか症状を認識しづらいと言われています。

物忘れ

アルツハイマー型認知症の代表的な初期症状は「物忘れ」です。記憶を司る脳の海馬という部分が損傷することで起こります。認知症の物忘れの特徴は、「約束を忘れてしまう」「直前に合った人の名前を思い出せない」「同じことを何度も話す、聞く」といったもの。部分的に忘れるのではなく、全体を忘れてしまうのが大きな特徴です。

時間の見当識障害

見当識障害とは、時間や場所、周囲との人間関係が分からなくなる症状。「自分が今どこにいるのか」「何をしているのか」「現在が何月何日なのか」「目の前にいる人が家族なのか友人なのか」が分からなくなる症状を指します。

実行機能障害

実行機能とは、物事を順序立てて計画し、その通りに実行する能力のこと。この機能が低下すると、「料理の手順が分からない」「洗濯と掃除を同時にできない」「服のコーディネートができない」「善悪の判断がつかない」といった症状が現れます。

どのような予防手段が考えられるか

現時点において、認知症を完全に予防する手段は見つかっていません。しかし、予防につながる行動を心がけることで認知症の発症を防ぐことは可能です。

とくに重視したいのが、認知症と生活習慣病の関連性。糖尿病・高血圧・脂質異常症・動脈硬化といった生活習慣病があると認知症の発症率がグンと上昇するため、まずは生活習慣病の予防を心がけましょう。食生活においては糖質(炭水化物や砂糖など)と塩分の摂取量を控え、いろいろな食材をバランスよく摂ることが大切です。

運動不足も生活習慣病を招く要素となるため、意識的に体を動かすことも大事。ウォーキングやジョギングといった有酸素運動が効果的とされているため、1日30分程度の運動を週3回ほど取り入れてみましょう。

アルツハイマー型認知症予防で取り入れたい成分

ヘリセノン

ヘリセノンとは、ヤマブシタケという食用キノコに含まれる成分。アルツハイマー型認知症の諸症状を改善する効果が、臨床試験によって分かっています。アルツハイマー型認知症ではアミロイドβによる神経細胞の死滅が見られますが、それを抑制するのが神経成長因子(NGF)。ヘリセノンにはこの神経成長因子に栄養を与え、神経細胞の死滅を防ぐという効果があるのです。

DHA・EPA

DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)は、オメガ3系脂肪酸と呼ばれる人体に不可欠な成分。青魚にとくに多く含まれており、血液をサラサラにしたり記憶力を維持する効果が認められています。

レシチン

レシチンとは、大豆・大豆製品に含まれるリン脂質の一種。レシチンは脳細胞の活動を司る「脳の栄養素」で、スムーズな情報伝達に欠かせないものです。加齢と共に減少していくため、認知症予防には不可欠な成分と言われています。

記事の監修医 豊田早苗 医師
(とよだクリニック認知症予防センター長)

豊田医師

若い年代から生活改善を行うことが非常に重要

アルツハイマー型認知症は、脳細胞の破壊が始まってから物忘れ症状が現れるまでに20年かかると言われています。
認知症は、年寄りの病気と思われがちですが、それは、症状が現れる時期が年を取ってからであって、実際には、50歳前後で脳細胞の破壊が始まっています。
認知症は、医学が進歩した現代でも、治す薬はありません。認知症治療薬と呼ばれる薬も、症状の進行を遅らせるだけで、進行を止めることは出来ません。つまり、薬を飲んでいても徐々に進行していきます。気づいたときには、もう手立てがないのです。
だからこそ予防が必要で、認知症なんて関係ないと思っている若い年代から将来にそなえて生活改善を行っていくことが非常に重要です。

関連ページ

【医師監修/ホクト株式会社協賛】認知症予防のための食事改善ガイド

認知症の種類ごとに見る原因と予防
血管性認知症
前頭側頭型認知症
糖尿病性認知症
レビー小体型認知症