【医師監修/ホクト株式会社協賛】認知症予防のための食事改善ガイド » 認知症予防と食事・栄養の関係 » 認知症による食事拒否の原因と対応

認知症による食事拒否の原因と対応

この記事では、認知症の症状が進行すると見られることがある食事拒否の原因と対策についてまとめています。(※この記事は医師監修の記事ではありません。)

認知症による食事拒否とは

認知症が進行すると、食事を勧めても拒否されることがあります。食事を食べないと健康面への影響も心配なので、なんとかして解決したいですよね。食事を拒否する背景には様々な原因が考えられますので、どういった可能性が考えられるのかを知っておきましょう。

認知症による食事拒否の原因

食べ物を食べ物と認識できていない

認知症の症状である「失認」が原因のケースです。認知機能が低下することによって、目の前にあるものが何なのかわからなくなってしまう状態が原因で食事ができなくなってしまいます。

目の前にあるものが食べ物と認識ができない場合には、食べてくださいと言われてもご本人は食べられるかどうかが判断できません。そのため、食べ物ではない他の何かと認識し、食べるのを拒否したり放り投げてしまうというケースもみられます。

食べ方がわからない

認知症の症状の一つに「失行」と呼ばれるものがあります。これは今までできていたことができなくなってしまう状態のことで、「食べ物を口に運び、噛んで飲み込む」という一連の動作がわからなくなるという症状が出るケースもあるのです。

食べようとしているのに箸が進まず、戸惑っている様子が見られる場合には失行が原因で食事ができていないという可能性があります。

嚥下機能の低下によるもの

年を重ねるごとに嚥下機能が低下することで、食べ物が飲み込みにくくなり食事がしにくくなることがあります。嚥下機能が低下してしまうと、食べ物を口に入れたときにむせてしまったり、吐き出したりすることもあり、食欲の低下につながるケースがあります。

さらに、嚥下機能が低下した状態で無理に食事をすると誤嚥性肺炎につながることもあるため注意が必要となってきます。

その他の理由

上記に挙げた理由以外にも、テレビの音や話し声が気になるように食事環境に問題がある入れ歯が合っていない飲んでいる薬の副作用や風邪などで食欲がないといった原因も考えられます。

認知症による食事拒否の対策

失認や失行の症状が見られる場合

失認や失行の症状が見られる場合には、食事の介助を行う方が一緒に食事をするという方法が考えられます。誰かが目の前で食事をすることで、認知症の方も真似をして食べてくれることも。

また、食事に対して良いイメージを持ってもらうことも大切なので、声がけをしたり目の前の食べ物がどんな食べ物なのか、どんな味なのかといった説明をするのも有効な場合があります。

嚥下機能が低下している場合の対策

飲み込む力が弱くなっている場合には、調理方法を工夫することが有効と考えられています。例えば食べ物を食べやすい大きさや固さにすると良いでしょう。加えて、「とろみ剤」を使うのもおすすめです。とろみ剤を食事に混ぜるとその名の通りとろみがつくので、食べやすくなる場合があります。

ただし、とろみ剤を使用するときに注意したいのが、片栗粉でつけたとろみとは違うという点。片栗粉でとろみをつけるとトロトロになりますが、これは気管に入ってむせ込んでしまうことも。専用のとろみ剤を使用するとザラザラした食感になるため、気管に入りにくく食事もしやすくなるでしょう。

体調が優れない場合の対策

この場合は、まず認知症の方が「体調が優れない」ということを周りが気づいて対応することが大切です。

日々の生活の中で、気分はどうか、暑くないかなど「はい」や「いいえ」で答えられる質問をしながら体調を確認することがポイント。こうした習慣をつけることで、顔色や態度がいつもと違うことで体調が優れないことに気づける場合もあります。まずは体調不良に気づいてあげられる習慣をつくりましょう。

たとえば便秘が解消したらご飯を食べてくれた、といったように、体調不良の原因を取り除くことによって食欲が出る場合もあるのです。

気分が落ち込んでいる場合

認知症により気分の落ち込みが見られることがあります。この場合には、食事をしようという気持ちになるまでに時間がかかってしまうことが多く見られますが、最初の一口を食べることで、そのまま食事を続けられることも。そのため、味見をお願いするなど最初の一口を食べられるようなきっかけを作ることが必要となってきます。

また、落ち込みが見られる場合には、食事を摂るときに誰かがそばにいることも大切です。一人でいるとより落ち込みが強くなってしまうこともありますし、誰かが一緒にいるだけで落ち込みが改善されることもあります。

薬の副作用などが影響している場合

薬の副作用により食事がしにくくなっている場合には、医師や薬剤師に相談してみましょう。薬の副作用によって食事がしにくくなっているという状況を説明することで、処方する際に考慮してくれたり、アドバイスしてくれるはずです。

周囲の環境が影響している場合

認知症の症状として、集中力が続かず、周りの環境の影響を受けやすくなります。そうすると、環境の刺激を受けることで食事に集中できないという状態につながります。そのため、部屋の照明が明るすぎたり暗すぎたりしないか、またテレビの音がうるさすぎないか、といった点に注意してみましょう。逆に静かすぎて落ち着かない場合もあるので、様子をよく確認して、食事に適した環境になっているか確認してみましょう。

あまり無理強いしないことも大切

食事拒否の原因と対策について説明してきました。食事を摂ることは大切なことですが、あまりにも無理強いしてしまうと余計食事するのが嫌になってしまうこともあります。また、無理に食べさせると気管に入ったりしてしまう可能性も考えられます。なかなか食事を摂らないのは心配になりますが、見守るという姿勢も忘れずにいたいものです。

関連ページ

【医師監修/ホクト株式会社協賛】認知症予防のための食事改善ガイド

認知症予防と食事・栄養の関係
腸内細菌と認知症
ケトフレックス12/3(リコード法)
いま注目すべき地中海食
認知症とEPAの関係は?
認知症には「マインド食」
アルコール性認知症
認知症による過食の原因と対策
認知症には「地中海食」
低栄養と認知症
脳の健康増進!「コリン食」
認知症と塩分の関係とは?
和食がよいといわれる理由
糖分を控えたバランスのよい食事が基本
認知症のリスクを高める食生活 「タンパク質のゴミ」とは