【医師監修/ホクト株式会社協賛】認知症予防のための食事改善ガイド » 認知症予防と食事・栄養の関係 » 認知症の方への食事介助

認知症の方への食事介助

認知症の方の場合、介助なしで食事を十分に摂ることができないケースがあります。認知症の方の食事介助とはどのようなものなのか、食事介助をするにあたってどのような問題点や注意点があるのかを紹介します。 (※この記事は医師監修の記事ではありません。)

認知症の方への食事介助について

認知症の方が食事拒否といえる状況にあるときは食事介助が必要です。1食だけ食べなかったくらいであれば大きな問題はありませんが、何食も続けば健康を損ねるおそれがあるため、適切な対処が必要です。食事拒否には、食べようとしても自分ひとりではうまく食べられないケースと、食事が嫌で食べない、文字通り拒否しているケースがあり、原因によっては適切な治療などが必要です。

食事介助では食事作りも重要で、食べやすい調理方法や食べたくなるメニュー作りなどの工夫も必要です。また、栄養のバランスを考えることも食事介助の一環となります。

認知症によって生じる食事の問題

食事拒否(結果的に食べないケースも含みます)は認知症によって生じる大きな食事の問題です。しかし、認知症によって生じる食事の問題は食事拒否だけではありません。食事拒否を主とするさまざまな問題の具体例をあげてみましょう。

食べ物を認識できない

目の前にある食事を食べ物として認識できていない状態です。認知機能の低下によって起こりやすいといえます。食事介助の方法としては、目の前にあるものが食べ物であることを具体的な料理名や食材を告げて、本人の食べる気を誘うことが重要です。

食べる方法がわからない

食べ物であることはわかるものの、どうやって食べたらよいかがわからない、どの順番で食べるべきなのかがわからないため箸が止まってしまいます。最初に食べる物、次に食べる物と順番に示して食事を促すことが考えられますが、それでもうまく食べられない場合は実演して見せることも重要です。そのとおりに真似して食べてもらいます。

直接手で食べる

箸やフォーク、スプーンなどの用途や使い方を忘れてしまったケースです。この場合は実演して真似してもらうとよいでしょう。

食べ物の一口分が大きすぎる

口に運びにくい、咀嚼が面倒なサイズの食材は、小さめにカットして食べやすくすることが重要です。また、年齢を重ねると硬い物は食べにくくなります。いつまでも口の中にあるような場合は硬すぎる可能性を考えましょう。できるだけ咀嚼しなくても食べることが可能なメニュー、調理方法を選択するのがポイントです。

食べる気分にならない

食事以外のこと、たとえばトイレが気になったり、周囲が騒がしかったりなど安心して食事ができる気分ではない場合にも食事拒否は起こります。こういったケースには、何を気にしているのかを把握することが重要。トイレは大丈夫か、体調不良がないかを尋ねます。静かな環境を用意できない場合には、食事時間を調整するなどの工夫も必要です。

また、食堂などで大勢が一緒に食事をすることを好まないタイプの人もいます。その場合は、1人で落ち着ける場所を用意するか、食事時間をずらして落ち着ける時間帯に食べてもらうといった対処法も検討しましょう。

口腔や食道のトラブル

食べようとしても口がうまく開かない、歯が痛む、うまく飲み込めないなどのトラブルが原因で食事が嫌になることも。放っておくと悪化してしまうおそれがあり、早めに歯科を受診する必要があります。また、誤嚥のリスクもあるため咳込んだりむせたりしていたら早めに対処しましょう。

中断した食事を続けない

食事の途中で何か他のことをやると、その時点で食事が終ってしまうケースがあります。食事の時間には他の用事が生じないように注意が必要です。トイレは食事の前に済ませておきましょう。

いつまでも食べようとする

食べる物がなくなっているのに食事を続けている場合には、お皿の絵などを食べ物だと勘違いして食べようとしていることも考えられます。それが食べ物ではないことを伝えるとともに、無地のお皿を使う工夫なども必要です。

食べてすぐに食事を要求する

さっき食べたばかりなのに食事はまだかと聞いてくるのは、認知症の方によくある症状として知られています。頭ごなしに食事は済んだといっても、本人はまだ食べていないと思っているため効果は期待できません。食事から気をそらす話題を出すなどの工夫が求められます。

食事介助のポイント

実際に食事介助を行う上でのポイントを紹介します。

同じ目線の高さで介助する

認知症の方に食事をしてもらうためには、上から目線やへりくだった態度ではなく、同じ目線の高さで接することを心がけましょう。お互いの円滑なコミュニケーションが大切です。

好物を献立に入れる

人間は好きな物があれば満腹でも食べたくなるものです。認知症で食事拒否がある方には、献立に好物を入れることで食事へのモチベーションアップを図りましょう。何が好物なのか、逆に嫌いなものは何かなどを知るためにもコミュニケーションが重要です。

一口ずつ確認して口に運ぶ

食事を口に運ぶ場合は、一口ずつしっかり口に入ったことを確認し、喉を通ったことを確認してから次を運びます。分量としてはティースプーン1杯程度が適量です。このとき、食べ物が何かを伝えることや、喉につかえていないか、続けて食べられるかといった聞き取りも必要です。そんなつもりはなくても、食べるのを急がせたり遅らせたりしていると思われてしまうような食事介助にならないように注意しましょう。あくまでも本人のペースを乱さないのがポイントです。

適度に水分を摂ってもらう

食べ物が喉を通りやすいよう、定期的に汁物やお茶を飲んでもらいましょう。誤嚥のリスクが懸念される場合はゼラチンを使う方法もあります。

観察を忘れない

寝たきりなどでなければ、座位で咀嚼して食道に入るような姿勢で食べてもらうことが重要です。食事のペースだけでなく、体調の変化や誤嚥などの兆候がないかの観察も忘れないで行います。

まとめ

認知症の方への食事介助には栄養や調理方法、盛り付けといった料理の部分に加え、食事の摂り方を実演したりアドバイスしたりといった教える部分。さらに、食事を口に運んだり、様子を観察したりといった部分もあり、慎重さが求められます。認知症の方のQOLを向上させるためにも、普段から工夫できることを考えたり情報を集めたりするとよいでしょう。

関連ページ

【医師監修/ホクト株式会社協賛】認知症予防のための食事改善ガイド

認知症予防と食事・栄養の関係
認知症と塩分の関係とは?
アルコール性認知症
認知症による過食の原因と対策
不飽和脂肪酸と認知症の関係は?
認知症による食事拒否の原因と対応
ケトフレックス12/3(リコード法)
認知症とビタミンB12の関係は?
糖分を控えたバランスのよい食事が基本
認知症には「地中海食」
和食がよいといわれる理由
認知症とカフェインの関係は?
認知症のリスクを高める食生活 「タンパク質のゴミ」とは
脳の健康増進!「コリン食」
DHAと認知症の関係は?
腸内細菌と認知症
認知症とプラズマローゲンの関係は?
低栄養と認知症
いま注目すべき地中海食
認知症には「マインド食」
認知症と肥満の関係は?
認知症とEPAの関係は?