【医師監修/ホクト株式会社協賛】認知症予防のための食事改善ガイド » 認知症予防に良いといわれる食品 » スパイス

スパイス

スパイスには認知症予防に働きかける成分が含まれているものがあります。このページでは、どんなスパイスが認知症予防に働きかけるのかについて紹介。日々の料理に簡単に取り入れられるものですので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

スパイスに含まれる認知症予防によい成分

スパイスに含まれる成分については、どのような働きを持っているのかという点についてさまざまな研究が行われています。中でも金沢大学大学院医学系研究科神経内科教授の山田正仁氏によると、スパイスのひとつであるクルクミンには、アルツハイマー型認知症の原因と考えられる異常なタンパク質の抑制効果がある、という報告が行われています。

山田氏の研究グループにおいては、カレーやスパイスを多く摂取するインドにおいて、アルツハイマー型認知症の発症頻度が低いことに注目して研究が行われました。研究の中では、「アミロイドβタンパク」と呼ばれるタンパク質が脳に集積する過程を試験管で再現し、クルクミンが阻止できるかという内容となっています。 「今回の実験でこれらの成分には、アミロイドβタンパクの凝集を抑制し、すでに凝集・線維化してしまったものに対しては不安定化して分解する抗アミロイド作用もあることが明らかになったわけである(※)」と報告が行われているように、クルクミンはアルツハイマー型認知症に働きかける効果があると考えられています。 このように、認知症に働きかけると考えられているスパイスにはさまざまなものがあります。下記にていくつか紹介していきます。

※引用元:ハウス(https://housefoods.jp/data/curryhouse/know/health/pdf/8th_nl.pdf)

クルクミン

ターメリック(ウコン)は多くの人がご存知でしょう。ターメリックには「クルクミン」が含まれていますが、上記で説明した通り、アルツハイマー型認知症の予防にも効果があるという報告があります。ほかにも、肝機能を向上させたりコレステロール値の改善も期待されています。

クルクミンは、油と摂取すると吸収率が良くなるという性質を持っています。さらに、そのままよりも加熱をすることによって匂いが飛ぶため料理に使いやすくなる点も特徴です。

ターメロン

ウコンの精油成分であるターメロンも注目されている成分。αターメロン、βターメロンがあり、抗菌作用を持っているとされていることから、病原性大腸菌などに対する働きがあるとされています。

また、このターメロンは老人斑の生成に関連する酵素活性の阻害作用があることがわかっています。このことから、ターメロンを含む成分を取り入れていくことで認知症の予防が期待できるとされています。

セサミン

セサミンとは、1粒のゴマに1%未満含まれる希少な成分です。「老化と戦う成分」という表現をされるセサミンは、人の体が老化する原因となる酸化を抑える「抗酸化成分」を持つことが大きな特徴です。セサミンの抗酸化成分が注目されたのは、食用由とごま油を比較したときに、ごま油は他の油と比べて酸化しにくい、という性質があったことがきっかけだったといわれています。

セサミンが持つこの抗酸化成分により、人間の体の酸化を防ぎ、老化を予防すると考えられています。

セサモリン

セサモリンは、ゴマに微量に含まれる成分のひとつです。ゴマに含まれるリグナンと呼ばれる化合物であり、種子に含まれている量はおよそ0.2%とされているほど貴重な成分です。

このセサモリンは、油の生成過程において強い抗酸化性物質とされているセサモールやセサミノール、サミンを生成しますが、DNAの酸化障害を抑制するといった働きも報告されています。

スパイスはどれくらい摂取すべき?

また、スパイスがいくら良い働きを持っているとはいえ、適正な使用量があることをしっかりと押さえておきましょう。

例えばシナモンについては、クマリンという成分を摂取しすぎると肝障害を引き起こす可能性があるため注意が必要とされています。ただ、セイロンシナモンの場合は1日の許容量が364グラム。普通に摂取している分にはまず超えることがないと考えられますが、注意しなければならない成分が含まれていることは覚えていて損はないでしょう。

さらに、ナツメグに関しても摂取しすぎると中毒を起こすことが報告されています。5〜15gで中毒症状を引き起こすとされているため、過剰な摂取には注意する必要があります。

【きのこのホクト提供】 スパイスときのこを使用したレシピ

夏のげんきのこカレー

料理時間の目安: 20分

レシピ写真

手軽に栄養をチャージできる

暑い夏にもおすすめな、スパイスがきいた一品です。とても手軽なレシピなので、あまり手間をかけたくないときにもさっと作ることができます。

材料(4人分)
  • ブナピー:200g
  • エリンギ:200g
  • ピーマン:4個
  • 魚肉ソーセージ:4本
  • カレールウ:4皿分
  • 水:800ml
  • ごはん:600g
作り方 (4人分)
  1. ブナピーは石づきを切り小房に分ける。エリンギは輪切りにする。
  2. ピーマンはみじん切り、ソーセージは粗みじん切りにする。
  3. フライパンにきのこを入れ、中火で加熱する。火が通ってきたらピーマンとソーセージを入れてフタをし、火が通るまで蒸し焼きにする。
  4. 3に水とカレールウを加えて溶かしたら、ひと煮立ちさせる。
  5. 器にごはんを盛り付けて、4をかけたらできあがり。
ポイントメモ

健康な体づくりをサポートするレシピ

きのこはビタミンBが非常に豊富。三大栄養素の代謝に関わるものなので、ご飯と一緒に摂取することがおすすめです。また、ピーマンはビタミンCが豊富でコラーゲンの生成について働きかけ、体づくりをサポートします。

きのことごぼうのカレーうどん

料理時間の目安: 20分

レシピ写真

お腹の調子を整えたい時に

食物繊維がたっぷりのレシピなので、腸内環境を整えたいときにピッタリ。体もしっかり温められるので、冬の寒い時期にもおすすめです。

材料(4人分)
  • ブナシメジ:100g
  • エリンギ:100g
  • ごぼう:15cm
  • にんにく:1片
  • 豚バラ肉:150g
  • 長ねぎ:1/2本
  • にんじん:5cm
  • サラダ油:大さじ1
  • カレー粉:大さじ2
  • めんつゆ(ストレート):1200ml
  • 【A】片栗粉:大さじ1
  • 【A】水:大さじ1
  • うどん(茹で):4玉
作り方 (4人分)
  1. ブナシメジは石づきを切り小房に分ける。エリンギは長さを半分にして、薄切りにする。
  2. ごぼうはささがきにする。にんにくはみじん切りにする。豚肉は一口大に切る。
  3. 長ねぎは斜め薄切りにし、にんじんは短冊切りにする。
  4. 鍋に油とにんにくを入れて熱し、香りが立ってきたら豚肉を入れて炒める。豚肉の色が変わったら、ごぼう、にんじんを加え、さらに炒める。
  5. きのこ、ねぎを加えて炒めたら、カレー粉を加えて炒め合わせる。
  6. 6に温かいめんつゆを入れ5分ほど煮る。
  7. 【A】でとろみをつけ、茹でて器に盛ったうどんにかける。
ポイントメモ

腸内環境を整えるレシピ

きのこやごぼうには食物繊維がたっぷりと含まれていますし、カレー粉に含まれるコリアンダーやクミンは、消化を促してくれることが期待できます。胃腸の働きを高められるレシピで腸内環境を整えましょう。

きのこと野菜の春巻き〜カレー風味〜

料理時間の目安: 15分

レシピ写真

カレー味でみんな大好きなレシピ

みんな大好きなカレー味の春巻きなので、子どもも喜んでくれるレシピです。運動会や行楽のお弁当に入れると、お昼の時間が楽しみになるかもしれません。

材料(4人分)
  • エリンギ:100g
  • シイタケ:2本
  • ピーマン:2個
  • にんじん:1/2本
  • プロセスチーズ:150g
  • 春巻きの皮:8枚
  • 揚げ油:適量
  • 【A】カレー粉:大さじ1
  • 【A】塩・こしょう:少々
作り方 (4人分)
  1. エリンギとシイタケは粗いみじん切りにする。
  2. ピーマンとにんじんはみじん切りにし、プロセスチーズは1cm角に切る。
  3. 1と2、【A】を混ぜ合わせる。
  4. 3を春巻きの皮で巻く。
  5. 170度に熱した揚げ油で揚げる。
ポイントメモ

お弁当のおかずにもおすすめ

お弁当のおかずにもピッタリのレシピ。きのこにたくさん含まれているビタミンB1は、糖質の代謝を促してくれる働きを持っているので、ご飯などと一緒に摂取するのがおすすめです。

関連ページ

【医師監修/ホクト株式会社協賛】認知症予防のための食事改善ガイド

認知症予防に良いといわれる食品
青魚
緑茶
玄米や全粒粉
ベリー類
コーヒー
キノコ類
ココナッツオイル
大豆製品
オリーブオイル
ワイン
はちみつ
野菜や果物
乳製品
鶏肉
豚肉
ナッツ類