【医師監修/ホクト株式会社協賛】認知症予防のための食事改善ガイド » 認知症予防に良いといわれる食品 » 豚肉

豚肉

普段から食卓に登場することも多い豚肉。実はこの豚肉にも、認知症に良いと考えられる成分が含まれています。そこでこのページでは、良いと考えられている成分や理想とされる摂取量、おすすめのレシピなどをまとめました。

豚肉に含まれる認知症予防によい成分

ビタミンB1

大量の飲酒は認知機能の低下を引き起こしたり、認知機能発症のリスクを高めたりすることがあるといわれていますが、この点に関して、「脳への鉄の蓄積」が関連しているのではないかという仮説があります。

脳へ鉄が蓄積すると神経組織を障害するという影響が出てくることがわかっていますが、大量の飲酒は血中の鉄濃度を高めるとともにビタミンB1の欠乏を引き起こすことで血液脳関門の問題を起こすと考えられています。さらに鉄が脳に蓄積することで脳組織の酸化障害を起こすのではないか、という仮説が立てられています。

すなわち、アルコールを摂取することによりビタミンB1が欠乏することで、脳への鉄の蓄積を引き起こし、さらに認知機能の低下が起こっているのではないかと考えられています。

カルノシン

イミダゾールジペプチドとは、渡り鳥から有用性が発見された疲労感軽減成分。東京大学大学院の研究グループでは、アルツハイマー病モデルマウスを用いた研究により、イミダゾールジペプチドのひとつであるカルノシンに認知症予防作用があることを見出したという報告が行われています。

実験にはアルツハイマー病原因遺伝子を組み込んだマウスを用いていますが、そのマウスを3グループに分け、うち1つのグループにカルノシンを与えたところ、通常の健康なマウスと同レベルまで記憶機能の低下が回避されたという結果が得られたとのことです。今後はそのメカニズムの解明や臨床試験による検証が必要であるとされています。

豚肉はどれくらい摂取すべき?

理想となる豚肉の摂取量の根拠となるデータは、今のところ見つけられません。 でも、認知機能の改善と深く関わっているというマインド食を見ますと、週4回以下の摂取が推奨されています。

認知症予防においては、この「赤身の肉は週4回以下」の分量が適切なのではないでしょうか。

参照元:Neurotrack Japan「何を食べるか考える」
https://neurotrack.com/jp/resources/mind-what-you-eat

【きのこのホクト提供】 豚肉ときのこを使用したレシピ

きのこと夏野菜のスープカレー

料理時間の目安: 30分

レシピ写真

食べ応え抜群のスープカレー

みんなが大好きな具沢山のカレーです。たっぷりの具が入っているので食べ応えも抜群の、満足感のあるメニューと言えるでしょう。

材料(4人分)
  • ブナピー:100g
  • マイタケ:100g
  • 玉ねぎ:1個
  • かぼちゃ:1/4個
  • ズッキーニ:1本
  • トマト:2個
  • 豚肉(こま切れ):300g
  • しょうが:1片
  • にんにく:1片
  • サラダ油:大さじ1
  • カレー粉:大さじ2
  • 水:800ml
  • 【A】味噌:大さじ2
  • 【A】しょう油:大さじ1
  • 塩こしょう:適量
  • ごはん:800g
作り方 (4人分)
  1. ブナピーは石づきを切り、マイタケと共に小房に分ける。
  2. 玉ねぎは薄切りにし、かぼちゃとズッキーニ、トマトは一口大に切る。
  3. 豚肉は3cm幅に切る。しょうがとにんにくはみじん切りにする。
  4. フライパンにサラダ油を入れ、しょうがとにんにく、豚肉、玉ねぎ、かぼちゃ、ズッキーニの順に加えて炒める。
  5. 肉の色が変わったらカレー粉を加え炒める。
  6. 5に水とトマト、きのこを加え、【A】で調味して15分ほど煮る。最後に塩、こしょうで味を調える。
ポイントメモ

ビタミンB1がたっぷりのメニュー

ポイントは、たっぷりのきのこと豚肉が入っている点。エネルギーづくりに役立つビタミンB1を多く摂取できるメニューです。暑い夏に熱中症の対策としてもおすすめなメニューです。

きのこの肉巻き

料理時間の目安: 20分

レシピ写真

簡単に作れて美味しいメニュー

キノコを巻いて焼くだけ、と手軽に作れるのにご飯がとっても進むメニューです。甘辛い味付けがポイント。

材料(4人分)
  • ブナシメジ:100g
  • エリンギ:100g
  • 豚もも肉(薄切り):400g
  • サラダ油:適宜
  • 【A】オイスターソース:大さじ1・1/2
  • 【A】しょう油:大さじ1
  • 【A】みりん:大さじ2
  • 【A】酒:大さじ2
  • 【A】こしょう:少々
  • 片栗粉:適量
  • 水:50ml
作り方 (4人分)
  1. ブナシメジは石づきを切り小房に分ける。エリンギは長さ5cm・幅1cmに切る。
  2. 豚肉を広げて片栗粉を薄くまぶし、きのこを適量ずつ束にして巻く。(※豚肉が大きい場合は2等分するのがおすすめ。)
  3. フライパンに油を熱し、2を並べ焼き色がつくまで焼き、水を加えてフタをして蒸し焼きにする。
  4. 水気がなくなったら混ぜ合わせた【A】を加え、味を絡める。
ポイントメモ

さまざまな食感が楽しめる

キノコはそれぞれ異なる食感を持つので、複数のキノコを肉で巻くことによりさまざまな食感が楽しめるメニューとなっています。

関連ページ

【医師監修/ホクト株式会社協賛】認知症予防のための食事改善ガイド

認知症予防に良いといわれる食品
乳製品
オリーブオイル
ワイン
大豆製品
野菜や果物
コーヒー
ベリー類
鶏肉
玄米や全粒粉
青魚
キノコ類
はちみつ
スパイス
ココナッツオイル
緑茶
ナッツ類