【医師監修/ホクト株式会社協賛】認知症予防のための食事改善ガイド » 認知症予防に良いといわれる食品 » 鶏肉

鶏肉

肉類の中でもヘルシー食材として人気を集めている鶏肉ですが、実は鶏肉にも認知症予防によいとされる成分が含まれています。以下にその情報をまとめてみました。

鶏肉に含まれる認知症予防によい成分

淡泊な味わいで、和食から洋食まで幅広く用いられる鶏肉。近年の研究では、この鶏肉に含まれる成分に認知症を予防する効果があるのでは…と考えられています。

これは、2014年に発表された東京大学/九州大学/国立精神・神経医療研究センター/日本ハム(株) 中央研究所などの共同研究です。この研究では、鶏肉に含まれるイミダゾールペプチドを高含有した試験食を、中高齢者を対象に長期間摂取してもらいました。その結果、イミダゾールペプチドを摂取したグループの脳で、萎縮を抑制する効果が見られたとのことです。
参考元:日本ハム株式会社中央研究所(https://www.rdc.nipponham.co.jp/material/ma_cbex.html)

ここではそんな注目の成分イミダゾールペプチドをはじめとする、鶏肉に含まれる成分をまとめてみました。

イミダゾールジペプチド

イミダゾールジペプチド(イミダペプチド)とは、産官学連携の抗疲労プロジェクトで見出された高機能食品成分。鶏肉の部位の中でもとくにむね肉に多く含まれており、その量はもも肉の2.6倍とされています。このイミダゾールペプチドは、脳や体の老化の原因となる活性酸素を抑制する抗酸化成分。しかも、酸化作用が強いとされる塩素系の活性酸素を抑制してくれます。

メチオニン

メチオニンは、必須アミノ酸のひとつ。体内で合成できないため、食物から補給する必要があります。このメチオニンは、セロトニン・ノルアドレナリンといった神経伝達物質の材料となるもの。脳を活性させて記憶力を向上させるなど、認知症の予防・改善効果に期待が持たれています。

ナイアシン

ナイアシンとはナイアシンアミドとニコチン酸の総称で、ビタミンB3 と呼ばれることもあります。このナイアシンには毛細血管を拡張する作用があり、全身の血液循環を改善。脳神経の働きを促進したり、冷えや肩こりの改善にも効果があるとされています。

セレン

セレンは必須ミネラルのひとつで、ビタミンC・Eと共に甲状腺ホルモンの代謝を促進したり、過酸化脂質を分解する役割を持ちます。また、セレンは抗酸化作用を持つ酵素の合成に必要な成分のため、活性酸素によって引き起こされる動脈硬化の予防にも役立ちます。

タンパク質

鶏肉に含まれるタンパク質は、脳の活動に必要な神経伝達物質に必要不可欠な成分。タンパク質が不足するとセロトニンやドーパミンといった神経伝達物質を生成できなくなり、思考力・記憶力・集中力の低下につながると言われています。

鶏肉はどれくらい摂取すべき?

厚生労働省によると、1日あたりのタンパク質摂取量の目安は、成人男性60g・成人女性50gとなっています。鶏肉であれば、約240gで1日の摂取目安量をクリアすることができます。もちろん他の肉類から摂取してもよいですが、鶏肉は牛肉・豚肉に比べると脂質量が非常に少ないため、生活習慣病予防の観点からしても優秀な食材なのです。
参考元:厚生労働省(https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10901000-Kenkoukyoku-Soumuka/0000042630.pdf)

鶏肉の中でも積極的に摂取したいのは、イミダゾールペプチドを多く含む鶏むね肉。イミダゾールペプチドは熱に強いので、どのような調理でもOK。水に溶けやすいという性質を持っているため、スープ・シチュー・煮込み料理といった煮汁ごと食べられるメニューにすると、ムダなく成分を取り入れることができます。

記事の監修医 豊田早苗 医師
(とよだクリニック認知症予防センター長)

豊田医師

生活習慣予防の観点からも取り入れたい食材

鶏肉には、アルツハイマー病の原因物質とされているアミロイドβの蓄積を抑えるプラズマノローゲンも含まれており、認知症予防食としては、おすすめの食材です。
プラズマノローゲンは、脳の神経細胞に多く含まれているリン脂質。プラズマノローゲンを摂取することで、記憶力の改善やアミロイドβの蓄積を抑えることができます。「最近、物忘れが増えてきた」「うっかりミスが多くなった」という方は、ぜひ、食卓に鶏の胸肉を使った料理を取り入れてみると良いかと思います。
コレステロールを上げる原因となる飽和脂肪酸も牛肉や豚肉に比べて少ないので、生活習慣予防にもなりますし、疲労回復効果もあります。

【きのこのホクト提供】
鶏肉ときのこを使用したレシピ

鶏肉ときのことゴロゴロ根菜の味噌煮

料理時間の目安: 30分

レシピ写真

きのことたくさんの根菜で腸活にも◎

イミダゾールペプチドがタップリの鶏の胸肉に、食物繊維が豊富なきのこや根菜をプラス。ヘルシーな料理で生活習慣病対策&腸内環境を整える、体全体に嬉しいレシピです。

材料(2人分)
  • ブナピー:100g
  • マイタケ:100g
  • 鶏むね肉:100g
  • にんじん:1本
  • ごぼう:100g
  • さつまいも:120g
  • こんにゃく:1枚
  • ごま油:大さじ1
  • 【A】だし汁:300ml
  • 【A】みりん:大さじ2
  • 【A】砂糖:大さじ1
  • 【A】しょう油:大さじ1
  • 味噌:大さじ2
作り方 (4人分)
  1. ブナピーは石づきを切り、マイタケと共に小房に分ける。鶏むね肉は一口大に切り、マイタケで挟んでおく。
  2. にんじん、ごぼう、さつまいもは乱切りにし、さつまいもは水にさらす。こんにゃくはスプーンで一口大にちぎる。
  3. 鍋にごま油を熱し、鶏肉、にんじん、ごぼう、さつまいもをさっと炒め、きのことこんにゃくを加えてさらに炒める。
  4. 【A】を加えて中火で煮る。
  5. 全体的にやわらかくなったら味噌を加えて弱火で煮込む。
  6. 具に味がしみ込んだら火を止めて、器に盛る。
ポイントメモ

マイタケで鶏むね肉が柔らかに

パサパサとしがちな鶏むね肉ですが、実はマイタケと料理してあげることで柔らかくなるんです。マイタケで鶏むね肉を挟んであげることで、含まれているプロアテーゼが染み込み、ふんわりと仕上がります。鶏むね肉にはマイタケ、ぜひ試してみてください。

きのことキャベツの鶏カレーマヨ炒め

料理時間の目安: 20分

レシピ写真

食物繊維とたんぱく質をたっぷり摂れる

マヨネーズとカレーの味付けが、きのこの旨味としっかりマッチ。食物繊維とたんぱくしつをしっかりと摂ることができるレシピです。

材料(4人分)
  • ブナシメジ:100g
  • ブナピー:100g
  • 鶏むね肉:1枚
  • キャベツ:400g
  • きぬさや:12枚
  • 【A】カレー粉:大さじ1強
  • 【A】マヨネーズ:大さじ4
  • こしょう:少々
  • 酒:大さじ1
  • しょう油:少々
  • 塩:少々
  • サラダ油:小さじ2
  • すりごま:小さじ2
作り方 (4人分)
  1. ブナピーとブナシメジは石づきを切り落としてから小房に分けておく。
  2. キャベツは一口大にざく切りにする。きぬさやは筋をとってから斜め半分に切っておく。
  3. 鶏肉は皮を外してから、大きめの一口大に切る。
  4. フライパンに油を入れて熱し、鶏肉を入れて両面にこんがりと焼き色をつけたら1と2、酒を入れて炒め合わせ、少ししんなりしてきたら【A】を加えて炒める。
  5. 全体がなじんだら、しょう油、塩、こしょうで味をととのえ、皿に盛ってすりごまをふったらできあがり。
ポイントメモ

カレー粉の量はお好みで

食物繊維が豊富なきのことキャベツを、たんぱく質が豊富な鶏むね肉と一緒に食べられるレシピ。辛いものが苦手な人は、カレー粉の量をお好みで加減してみると良いでしょう。

きのこと鶏肉のドリア

料理時間の目安: 25分

レシピ写真

簡単ドリアでたっぷり栄養チャージ

ビタミンBやビタミンCをたっぷり摂れるレシピ。一見難しそうに見えるドリアですが、このレシピなら簡単に完成。きのこに豊富に含まれる食物繊維もしっかり摂取できます。

材料(4人分)
  • エリンギ:100g
  • ブナシメジ:100g
  • ブナピー:100g
  • 鶏もも肉:200g
  • カリフラワー:1/4個
  • ミニトマト:10個
  • バター:20g
  • サラダ油:適量
  • ごはん:3杯
  • とけるチーズ:80g
  • パセリ:少々
  • 【A】豆乳:500ml
  • 【A】小麦粉:大さじ4
作り方 (4人分)
  1. エリンギは3cm幅に切ってから縦に4等分する。ブナシメジとブナピーは石づきを切り落としたら小房に分けておく。
  2. カリフラワーは小房に分ける。ミニトマトは半分に切る。鶏肉は一口大に切る。
  3. ボウルに【A】を入れ、だまにならないように泡立て器でよく混ぜる。
  4. フライパンにバターを熱たら、鶏肉、きのこ、カリフラワー、ミニトマトを入れて塩・こしょうをふり、炒める。
  5. 4に3を入れたら、中火でとろみがつくまで煮込む。
  6. 別のフライパンを中火にかけてサラダ油を熱したら、ごはんを入れて5をかける。その上からチーズを全体にのせる。
  7. チーズが溶けたらパセリを散らしてできあがり。
ポイントメモ

だまができないようにしっかり混ぜる

フライパンで仕上げるので、オーブンなどで焼いたりする手間がなく簡単。ホワイトソースを作るときにだまができないよう、泡立て器を使ってしっかりと混ぜるのがポイントです。

関連ページ

【医師監修/ホクト株式会社協賛】認知症予防のための食事改善ガイド

認知症予防に良いといわれる食品
ワイン
野菜や果物
ベリー類
はちみつ
大豆製品
青魚
緑茶
オリーブオイル
キノコ類
乳製品
豚肉
コーヒー
スパイス
玄米や全粒粉
ナッツ類
ココナッツオイル