【医師監修/ホクト株式会社協賛】認知症予防のための食事改善ガイド » 認知症予防に良いといわれるサプリ成分

認知症予防に良いといわれるサプリ成分

ここでは、認知症予防に効果があると言われている成分のうち、サプリで手軽に摂取できるものについて解説しています。手軽に摂取できるサプリを効果的に活用し、認知症予防に取り組んでみましょう。

ヤマブシタケと認知症予防

高い認知症予防効果があるとされ、ホクト株式会社が研究を進めているヤマブシタケ。このキノコに含まれる認知症予防によいとされる成分と、上手な摂取方法について、ホクト株式会社の研究員である森さんにきいてみました。

ヤマブシタケと認知症について詳しく

イチョウ葉エキスと認知症予防

ギンコライドとフラボノイドという、2つの認知症予防成分を含むイチョウ葉エキスについての情報をまとめています。

イチョウ葉エキスと認知症について詳しく

プラズマローゲンと認知症予防

脳機能に欠かせないプラズマローゲンですが、認知症予防によい成分としても注目されています。ここではプラズマローゲンに期待できる認知症予防への働きや、臨床試験などのデータについてまとめました。

プラズマローゲンと認知症について詳しく

レシチンと認知症予防

大豆・卵・肉などに含まれるレシチンには、認知症予防への効果が期待されています。ここではレシチンの働きや、認知症に対する臨床データをまとめてみました。

レシチンと認知症について詳しく

フェルラ酸と認知症予防

米ぬかや玄米などに多く含まれるフェルラ酸には、認知症予防の効果があるとされています。ここではフェルラ酸の脳への働きや、さまざまな研究データをご紹介します。

フェルラ酸と認知症について詳しく

プロポリスと認知症予防

ミツバチと大きな関連があるプロポリス。このプロポリスが認知症予防に効果があるのではないかと考えられ、さまざまな研究が行われています。このページでは、プロポリスとはどのようなものなのか、そしてどんな作用が期待されているのかという点についてご紹介します。

プロポリスと認知症について詳しく

ホスファチジルセリンと認知症予防

約60兆個あると言われる人間の細胞膜に存在する「ホスファチジルセリン」。脳細胞に多くあることから、認知症の原因究明や治療法を確立できるのではないかと、さまざまな機関で研究が進められています。ここでは、ホスファチジルセリンの特徴や脳内での役割、認知症予防に対する可能性について調査しました。

ホスファチジルセリンと認知症について詳しく

核酸と認知症予防

生き物の細胞を構成する成分は、主に「核酸」と「たんぱく質」からつくられています。核酸は脳細胞にも深く関わっており、認知症予防の手立てにもなるのではないかとして、近年さまざまな研究が進められている成分です。本ページでは、核酸が持つ役割や効果、認知症予防に対する機能の可能性を、研究データや実験結果をもとに考察していきます。

核酸と認知症について詳しく

DHAと認知症予防

DHAを摂取すると記憶力向上や学習に効果的なイメージがありますが、実際のところはどうなのか気になる方も少なくないと思います。また、認知症の記憶力低下に対しても効果があらわれるのでしょうか。ここでは、DHAが身体にもたらす効果や認知症予防に対する効果の可能性について、研究結果をもとにひもといていきます。

DHAと認知症について詳しく

EPAと認知症予防

青魚に豊富に含まれる成分として知られるEPA。健康に良いとは分かっていても、実際にどんな機能を持っているのか、具体的に知っている方は少ないのではないでしょうか。ここでは、EPAの基礎知識を解説しながら、EPAの持つ効果や機能性、認知症予防に効果を発揮する可能性について、研究データや参考になるエビデンスをもとに考察していきます。

EPAと認知症について詳しく

コリンと認知症予防

認知症予防に役立つ成分として注目されている「コリン」。あまり耳なじみはないかもしれませんが、さまざまな食品に存在しており、気軽に摂取できる成分です。本ページでは、コリンが認知症の予防として注目される理由や科学的な研究データをもとに、コリンの可能性を調査しました。

コリンと認知症について詳しく

クルクミンと認知症予防

ウコンなどに含まれる黄色の色素成分「クルクミン」。肝臓に良いというイメージで知られていますが、最近では認知症予防にも効果があるのではないかとして注目されています。ここでは、クルクミンの基礎知識や機能について、認知症研究のデータをもとに解説しています。

クルクミンと認知症について詳しく

カテキン(EGCg)と認知症予防

日本人になじみ深い、緑茶に多く含まれるカテキン(EGCg)。緑茶だけでなくウーロン茶など茶葉を使ったさまざまな飲料に含まれています。とくに意識はしていないけれど、日常的にお茶から摂取している方も多いのではないでしょうか。近年、カテキンは認知症の予防効果があるとして注目されており、さまざまな研究結果が報告されています。

カテキン(EGCg)と認知症について詳しく

カルノシンと認知症予防

いくつになってもスポーツを楽しめる、一瞬で駆け出す瞬発力や長時間の運動ができる持久力のある人を見ると、若々しさを感じますよね。最近、若々しい身体を保つ成分として注目されているのがカルノシンです。そんなカルノシンを摂取することで、身体だけでなく脳の機能も若く保つことは可能なのでしょうか。ここでは、カルノシンが認知症予防に効果があるのか、基礎知識や臨床データなどをもとに考察しています。

カルノシンと認知症について詳しく

ヘリセノンと認知症予防

私たちが考えたり記憶したりする際、脳内では神経細胞「ニューロン」が働いています。そのニューロンの働きを、ヘリセノンという成分が助けることが分かってきました。ここでは、ヘリセノンの基礎知識を解説しながら、ヘリセノンの認知症に対する効果についてまとめています。

ヘリセノンと認知症について詳しく

ビタミンB群と認知症予防

認知症予防に関連していると考えられているビタミンB群について紹介します。ビタミンB群にはどのような栄養素が含まれるのか、また認知症予防に関する研究などについてまとめています。

ビタミンB群と認知症について詳しく

ビタミンCと認知症予防

私たちの生活に馴染み深いビタミンCと認知症予防について紹介しています。ビタミンCは認知症予防に効果があるのかということや、認知症とビタミンCに関する研究内容などを取り上げ、情報をまとめています。ビタミンCの摂取量や摂取にあたっての注意点などについてもご紹介していますので参考にしてみてください。

ビタミンCと認知症について詳しく

βラクトリンと認知症予防

βラクトリンに期待される認知症予防効果について紹介しています。どのような働きを持つ成分なのか、また認知症予防に関する試験などに関する情報もまとめました。乳製品に含まれることで知られるβラクトリンは、現在サプリやさまざまな飲料、ヨーグルトなどに配合されているものも販売されているため、手軽に摂取することができますので、どのような働きを持つ成分なのか確認しておきましょう。

βラクトリンと認知症について詳しく

アラキドン酸と認知症予防

必須脂肪酸のひとつである「アラキドン酸」について紹介していきます。どのような成分なのか、また認知症に関してどのような研究や試験が行われているのかといった点に加えて、1日あたりの摂取量や摂取にあたっての注意点についてまとめています。

アラキドン酸と認知症について詳しく

ヒスチジンと認知症予防

必須アミノ酸の中で唯一体内での合成が可能なヒスチジンですが、さまざまな研究によって認知症の予防に効果があることが分かってきました。ここでは、ヒスチジンの特徴について情報をまとめました。

ヒスチジンと認知症について詳しく

ノビレチンと認知症予防

認知症予防に役立つ成分として注目されているフラボノイドの一種「ノビレチン」。ここでは、ノビレチンの効果や摂取量についての情報をまとめました。

ノビレチンと認知症について詳しく

ビフィズス菌と認知症予防

腸内に存在する善玉菌として知られているビフィズス菌。実は、整腸作用があるだけでなく認知症の予防効果があることでも注目されています。ここでは、ビフィズス菌の特徴について情報をまとめました。

ビフィズス菌と認知症について詳しく